テーマは婚活の新世代

テーマは婚育の新世代

数から質へ
数集めのために借りものの会員組織は他力依存
婚育の新世代には成立困難
ITから手づくりへ
人は商品ではない 人格を尊重し婚育でゴール
企業のコンセプト
情報化時代の孤独と不安を解消し結婚を育てる。
商業主義的合理化では、他者会員との対応に
個々の会員全容の掌握なくして成婚は程遠い
事業者のモラルと品格
ユーザーの要求に対応できているか
専門人材の教育と育成
キーワードは人材教育 専門職の養成
需要と供給の均衡
顧客のニーズに適応し得るバランスはあるか
会員層とニーズ
顧客の支持力、必要とされる会員層を自力で確保できるか

業界の健全育成とイメージUPをはかり利用者の活性化により社会貢献する当産業の目的と付加価値を高める。今、求められているのはコミュニケーション、メンタルサービスによる婚育の時代、又競合比較に於いて絶対的ニーズ、イメージ、システムサービスがあり業界の環境改善と意識改革により信頼回復とイメージUPにより夢と希望が生まれ、非婚化、晩婚化を解消。

目的は、結婚成立。